2009年11月08日

ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド

お久しぶりです。オオカミです。
最近休みの日は同僚と遊ぶことが多いです。

この前は何故か

「猫カフェに行こう!」

と言われて行ってきました。

PAP_0016.JPG
猫達

なんか、殆ど寝てたんですけどね、猫。
ちょっと左の猫、きっと空飛ぶ夢を見てるのか?って位気持ち良い伸びっぷりでした。

個人的にはそれを枕に寝る黒猫が好きなわけですけれども。



えー、で

ジョジョの奇妙な冒険です。なんか最近ゲームやってないなぁ、と思ってGEOで物色したら見つけちゃったんですよね。

ジョジョ第一部のゲーム。680円で。

安ッ!!

で、まぁ感想を言いますと。


原作再現ゲームだっ!!

って感じ。

だってさ。
ゲームやってる時間より、ムービー見てる時間のが長いんだぜ、このゲーム。

そしてゲームのシステムは「三国無双をもっさりさせて、無理やり波紋のシステムを取り入れた」みたいな感じ。
□△のコンボで敵が浮いた時に確信しました。「パクっている」と。


で、結局ゲームというか、原作のジョジョ一部ってどんなのよ?
って人の為にジョジョ第一部を解説します。
以下オオカミの解説。


ちなみにジョジョで有名なスタンドは出てきません。
代わりに吸血鬼が出てきます。


吸血鬼っていうと、イギリスとかが有名ですが、ジョジョの世界では・・・

意外!それはアステカ!!
となっております。

そして吸血鬼は人間がパワーアップしたものとして描かれています。

どうやって吸血鬼になるか?

答え
吸血鬼化するツボを押してくれる石仮面を被ってください。
そんで石仮面に血をかけてください。ツボ、押してくれます。

このジャパネットタカダもビックリなツボ押し仮面を巡った物語なのです。

というわけで、ここでいつも恒例の登場人物紹介。


ジョナサン・ジョースター
主人公1。ジョジョ。イギリス貴族。イギリス人なので当然紳士に憧れている。
亡き母親が骨董市で買ってきた石仮面のせいで中々大変な目にあう。
少年時代は大人しい性格だが、他人が傷つけられると激昂し、相手が泣くまで殴るのを止めなかったりする。
青年時代には丸太のような脚に成長し、心身ともに紳士になる。


ディオ・ブランドー
主人公2。ロンドンの貧民街の生まれ。
ろくでなしの父親のツテでジョースター家に居候する事になる。
野心家でジョースター家の財産を奪おうとする。
その為には手段を選ばず、ジョナサンの初恋の人の初キッスを奪ったり、飼い犬を焼いたり、ジョナサンの親父を長い期間をかけて毒殺したりする。
ムスカに並ぶ、日本が生んだ誇れる悪党の一人。

が、流石に好き勝手絶頂やっててジョナサンが許す筈もなく。
「君がッ!泣くまで!殴るのを止めないッ!!」と殴られ続け、
5aed087e37798a43e377ba1a50be1a6e.jpg
このきたならしい阿呆がァ――――ッ!!

と本気泣きしたのも今ではいい思い出。

ちなみに物語をひっぱて行くのはいつでもディオ。石仮面が吸血鬼化のツボを押す健康器具であることに最初に気付いたのはディオなんです。そして警察に追い詰められた彼は自ら吸血鬼に。
「おれは人間を止めるぞ!ジョジョ――――ッ!!」
こうして彼は日の光を浴びれなくなる代わりに、圧倒的な力を得るのでした。


スピードワゴン
おせっかい焼き。
ジョナサンが父親に投与されていた毒薬をロンドンで調べてたら
「こいつは精神的にも貴族だ!気に入ったぜ!」とか言いながら着いて来た。
なぜならおせっかい焼きだからだ。
基本的に一般人で、敵がどれだけ凄いか解説してくれる。
ジョナサンの作戦も独り言だけど、絶叫して解説してくれる。
看護婦がどれだけ一生懸命介護してるかも解説してくれる。
そしてその看護婦がジョナサンの恋人と察するやクールに去る。
出来る男である。


物語中盤で燃え盛るジョースター邸の中、ジョジョと吸血鬼化したディオが戦います。
モンスターと化したディオ。燃える屋敷。怯えるスピードワゴン。そして捨て身で二階からディオを突き落とすジョジョ。
その下には槍みたいなのを持った女神像。燃えるディオ。

と、ここまではホラー映画の古典のような出来映えなのです。

でも、残念ながらコレ、少年ジャンプなのよね。
そんな圧倒的なモンスターとか、今日び流行んないんすよ。

と、編集者に言われたのかここから『ジョジョ』は大きく方向転換します。

当然、ディオは生きてました。ホラー映画の終わりでは鉄板ですね。実は生きていたシリーズ。2につなげるための布石です。
そして2が大して面白くないのも鉄板です。

で、こっからが少年漫画のスタート。
どこからともなく現れた怪しげなイタリア人、ツェペリさんが『波紋』というやたら吸血鬼に効く体術を教えてくれるのです!

そして

やたらゾンビを作り出して世界征服を目論むボス・DIO
vs
世界平和を取り戻すためがんばる波紋使い達

という仮面ライダーのような典型的な少年向けのストーリーに変貌を遂げます。という訳で、波紋の使い手達をご紹介。

ツェペリ
イタリア人。元漁師。
ジョナサンをレベルアップするために突如登場したお師匠さん。
石仮面をたまたま発掘し、父親がたまたま吸血鬼化しちゃって
石仮面破壊を誓う。
おお、こんな重い過去を持ったイタリア人、初めて見たよ。
でも、やっぱりワインは好き。イタリア人だもの。

ダイアーさん
Mr.噛ませ犬。波紋の使い手。
20年来の親友が殺され、恨みを晴らすべくディオとかいうヤツと戦う。
j-olym55.jpg
稲妻十字空烈刃(サンダークロススプリットアタック)

上がその時の様子。凄い顔の割には間抜けな体勢で有名。
しかし、この直後ジョナサンの言う「ディオにはあなたの知らない隠された能力がある!」の前に散る。
・・・教えてやれよ、ジョナサン。

ストレイツォ
波紋の使い手。ダイアーさんと同門。

このストレイツォ!容赦せん!

動画を観れば分かるように、足技と容赦せんことに関して定評があります。

・・・白状すると、ダイアーさんとストレイツォを自分で動かしたくてこのゲーム買いました。。



最後に、ゲームの攻略を少しだけ。

・波紋が使えるまで
L1でガードしながらじりじり前進。相手の攻撃を受け切ってから
□ボタン連打。違う漫画だけど、「まっくのうち!まっくのうち!」と言いながらやると、盛り上がった気分になれます。
・波紋が使えるようになったら
△を押しておもむろに地面に波紋を流して周りの敵をしびれされる。
□□□×と押して攻撃&ポージング。で、また△押してしびれさせる。ひどいゲームだ。


・DIOモード#02子分を増やせ!
えー、なんかDIO視点で物語を楽しめるっていうのがこのゲームの売りなんですが、第二話が心が折れるほどむずいです。
内容は「子分を増やす為、悪がき二人を暴力でねじ伏せる」というものなのですが。

DIO様、リンチに合います。
しかもガキ共は、ほっとくといつの間にか体力が回復していやがります。
そんでタフです。

もうね、石仮面被りたくなっちまいますよ。
しょうがないので、一人を集中的に狙います。
□□□なんて長いコンボしてるともう一人からボコボコにされるのがオチなので、移動中に△で蹴り上げですばやくダウンを奪うのが得策です。ガードされたら○ボタン連打回避し、避けきったら停止状態で△の肘打ちでやっぱりダウンさせます。

どれくらいそれをやればいいかって?

A.70回ぐらい蹴り込めば大人しくなります。

数えてみて引いた。タフすぎるだろ、少年。何が君をそこまで駆り立てるのかね。

と、とりあえずジョジョ一部が好きなら、っていうかダイアーさんとストレイツォとツェペリさんが好きなら買ってみても良いんじゃないかな!
・・・中古で。

posted by オオカミ at 22:52| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒猫、ホントに可愛いですね!

ジョジョってゲームにもなっていたんですね。
自分はマンガは人に借りてちょこちょこ読む位なので、ジョジョみたいな長編(30巻以上続くようなもの)になると、全巻読んだ事がないんですよ。(ずっと前に読んだときは、花京院が活躍するあたりまでしか見た記憶がないのですが、それからも、主人公の名前が変わったりして、続いていくんですよね?)
この前、久しぶりに最初の方だけ立ち読みしたのですが(←買えよ)オオカミさんも書かれていた「初キッス」の場面を読んで「昔のマンガってすごく純粋だったんだなー」と変な所で感心した記憶が。オオカミさんは、ジョジョは(今まで出ている分は)全巻読まれているのですか?
Posted by 清盛 at 2009年11月09日 00:23
最初のジョジョは読んでて恥ずかしくなれるのが醍醐味!

まぁ2作目までしか読んでませんけど。
Posted by びれ at 2009年11月09日 20:30
>清盛さん
でしょでしょ?猫、かわいいでしょ?

ジョジョは結構ゲームになってますねぇ。
オオカミが知ってるだけで4作品かな?

花京院が活躍ですかー。三部ですねぇ。ちなみに
花京院は仙台の地名なのです。作者が仙台出身だからなのです。

私は4部以降は少年ジャンプでリアルタイムで読んでました。1,2,3部は大学時代に友人から借りて一気読みですね。

でも確かに、1部2部は時代を感じますねぇ。

>びれさん
ちょ!それ、キスシーンだけじゃないですかw!
2作目までですかー。
是非3,4,6作目を読んで下さい。面白いですよ。
え?5?5も良いんですけど、個人的にはきれいに纏まり過ぎてて面白みにかけるかなぁと。
Posted by オオカミ at 2009年11月09日 20:40
にゃんこが少ない・・・(´゚'ω゚`)ショボーン
Posted by なべ at 2009年11月09日 22:50
>なべ
ごめんよお、ごめんよお
オオカミの筆力では猫だけで一話作れなかったんだよ・・・
Posted by オオカミ at 2009年11月10日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132374836

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。