2009年07月18日

連休だから名古屋に行ってみた〜その4〜

前回のあらすじ。
みそかつ食った。みそ味だった。ネギがなかった。
みその味だけだった。発狂もんだった。
ねぎを入れた。旨かった。
名古屋はいいとこだと思った。

というわけで、最終日です。

なぜか名古屋城だけ観光しにきた同僚Jは
マジックアカデミーをやり続け、一気に確かドラゴン級とか言う
一番賢い子が入るクラスに入学できたとかでテンション鰻上り、
そしてそのままカラオケに突入して家に帰れなくなって満喫泊まりという痛恨のミスを犯してました。

今日の予定はリトルワールドと言うテーマパークに遊びに行きます。

世界各国の民家が見れたり、食べ物が食べられたり、フランスコーナーではペタンクが出来たりとテンション上がりまくりです。

と言うわけで早速レッツゴーです。

バスに乗って街を出て、山を越え〜♪

山を越え!?
やな予感がしてきました。
バスが高速道路に入っていきます。
そういや運賃が850円とバカ高いのも気になります。


そして着きました、リトルワールド。
LittleWorld.jpg
リトルワールド


やべぇ、地雷な気がしてきた。

そして入場料を払う。

1500円なりー。

ちょ、高い。

勘弁してください。
えーーと、オオカミのお財布の中身はっと。

・・・1200円しかない。

帰りのバス代が850だから・・・
350円しか使えねえじゃないか。
ペタンク一回(300円)やって終わりだよ!!

良し、ATMでお金を下ろそう!
テーマパークなんだから、あるよね!


「ここから6km先になります。」


死んでしまえ。
こうして、地獄が始まったのである。

この陸の孤島!
大事なのはチームワークだ!!

みんな金を出せ!!

全員で、遊べるお金が3000円ちょい。

社会人、セツナイ。

とりあえず、お金の管理をしながら家を回る。

同僚J「バス、あるんだ・・・広いね」

オオカミ「うーん、でも、全部見ていくから、関係ないっしょ」

ちなみに、このテーマパーク、一周2.5kmあるそうです。
そしていちいち中に入るので軽く5km以上は歩くことになりますね♪
全部見ると33箇所もあります。
もう軽いお遍路さんです。

同僚JとTに走る戦慄。
実はこのお二人、実はインドア派だったりする。(当時オオカミは知りませんでした)


そんな中、徐々にテンションが上がるオオカミ。

1時間後
インドネシア バリ島にて
インドネシア入り口.jpg
家の門の入り口

インドネシア出口.jpg
そしてその出口

オオカミ「ちょっと見てみて!入り口の像、こっち側からだと手がパーになってるけど、裏側はなんかグーになってるよ!きっとなんか理由があるのよっ!!」

同僚T「へー、確かに、気づかんかったなぁ〜」
同僚J「ああ、うん、そうだね・・・」

さらに一時間後
西アフリカの民家にて
西アフリカ.jpg
西アフリカの民家

オオカミ「ねーねー、見てみて!なんかこの家、
あそこだけ屋根が欠けてるよ!あれは人工的なもんだよなぁ。なんでだろ?」

同僚J「なんでもいいよ。

この時、実に気温は40℃である。

さすがにオオカミも彼の疲労っぷりは分かってきた。

が、とりあえず説明を読む。
なにやら家の外は暑いけど、家の中はあら不思議、クーラーないのにとっても涼しいとの事。

早速潜入するオオカミ。
オオカミ「おおっ!すごい涼しい!!20℃って温度計には書いてある!!ここで少し休もうよ!」

そして疲れた足取りで家に入ろうとする同僚J。

扉をくぐりきれなくて頭を打ち付ける同僚J。

うずくまる同僚J。

動かない同僚J。

同僚J「俺、もう絶対入らない!!!」


逆効果であった。


無論、つらい事ばかりではない。
やはり食は人を豊かにさせる。
なけなしのお金で、ドイツビールを回し飲みする。
至福の時である。

次にアフリカではワニの肉を食した。
が、金がなかった。
串焼きが一本300円。

高すぎる!(当時のオオカミ達にとっては)
と言うわけで、一本のワニ肉を箸でほぐして3等分するオオカミ(26歳 会社員)。
あれ?涙が・・・


そして終盤。残すところは韓国と岩手だけで残り二箇所。

オオカミ「バスって何時だっけ?」
同僚T「確か16:40だよ」
オオカミ「了解です。」

こんな会話をしつつ、無事33箇所巡り終わった時間は16:25。

同僚J「終わった!さぁ、帰ろう!」
同僚T「折角だから、ちょっとお土産もの見てこうよ」
同僚J「早めに戻った方がいいよ・・・」
オオカミ「まぁ、ちょっとだけなら良いんじゃないのか?バスは逃げないし」


そして戻って着ました、16:35。
えーと、館内のバス時刻案内には
16:35
と書かれていました。
バス、逃げちゃいました(テヘ
ちなみに次が終バスで一時間後。

同僚J「だから早く行こうって言ったのに!

同僚T「ご、ごめん。」
オオカミ「まぁ、まだバスあって良かったよ、うん。」
同僚T「お土産見てればすぐじゃないかな。」
オオカミ「そうだよね、カードで飲み物も買えるし!」

と言うわけでさらっと流して、負のオーラは見ないことにしました。

そうして一時間後、無事に陸の孤島から脱出。
街に着き、速攻でお金を下ろす。

やったっ・・・!
カネッ・・・!!
金があるっ・・・!!!

これで何でも食えるぞっ・・・!
もう分け合う必要はないんだッ!!

と涙ぐみながら、今回の旅行の目的のひとつである
「ひつまぶし」のお店へと行く。

が、ものすごい長蛇の列。
オオカミ「あのー、これ、何時ぐらいに入れますかね。」
店員さん「10時位になるかと思われます。」

無理っす。

もはやカイジ状態。
三人でざわざわしながら話し合う。

「やられたっ・・・!
土用の丑の日だっ・・・!
やつら、無駄にうなぎを食いに来てやがるっ・・・!!」


ふと隣に目をやるとそこには名古屋コーチンの店が。
冷静に考えるオオカミ。
みんなの疲労はやばい。そして他にひつまぶしのお店は見当たらなかった。となると、名古屋コーチンあたりで手を打っておくのがベスト・・・

オオカミ「とりあえずさ、ここの名古屋コーチンの店でいいんじゃないのか?」
同僚J「あ、良いと思う。すごく。

が、ここで食にこだわりを見せる男が一人いた。

同僚T「ここまで来たならさ、あとちょっと歩くだけだって。いけるよ!探そうよ、ひつまぶし」

オオカミは考える。ただし楽観的に。
なーんだ、T、まだ歩けるんじゃん、じゃあJが嫌がらなければいっかな。

同僚J「え・・・、あ、うん。いいよ、それでも」

という事で歩くこと15分。

すでに二人のテンション、ダダ下がりなわけなんですが。


これはやばい。
同僚Jはかなり前から限界点を突破してるのは確実。
同僚Tも近くの王将で良いとか言い出す始末。

これはピンチだと思ったオオカミ。
ここで何とかしないと、この旅行、失敗に終わると直感。
(ってゆーかリトルワールドで金持ってないは、歩かせるはで120%オオカミのミスなんだけどねw)

颯爽と近くのホテルに入ろうとするオオカミ。
ついて来ない二人。
オオカミ「ちょっとT一緒に来てよ」
同僚T「え〜、俺も行くの?」
オオカミ「来るんだ。」

そして無言でガードレールに座り出す同僚J。

ここでは一秒のロスも許されない。
そのためには方向感覚がある同僚Tはホテルに必要だったのだ。

なぜかって?

ホテルなら観光客用にひつまぶしの店を全部知ってるとふんでいたからである。


早速説明を聞く。

が、ほとんどまわったところばかり。

そして諦めかけた時に、行ってないお店の場所を告げられる。

ホテルの従業員「この店、すぐ店じまいしちゃうから確実じゃないですけど・・・」

一縷の望みをかけ、そこに向かう。


なんとか店に到着。

営業中の札が見える。


席に着く。
と、同時に男性二人組みがさらに入店。

オオカミ、メニューを見ずに注文。
オオカミ「ひつまぶし、みっつで」
おばさん「はい、ひつまぶし、3つ!」

厨房で繰り返されるオーダー。

男性客二人組みもなにやら注文。

厨房で返されたオーダー。
「申し分けございません。ひつまぶし、先程で終了しました。」

タッチ差。

危なかった・・・

だが、我々はありつけたのだ!ひつまぶしに!

一杯目はそのまま食べ、
二杯目は薬味で食べる。
三杯目はだしを掛けて、
そして四杯目はお好きなように。

あまりのテンションの上がりっぷりに、写真とるの忘れてました。

いやぁ、美味しかった。あのさっぱりとした薬味っ!
ほっとする味のだし。
香ばしい鰻とすごくマッチするんですよねぇ。
だしに鰻の油が浮く様なんて如何にも食欲をそそるじゃないですか。

そうして、同僚Jと別れ、オオカミと同僚Tは名古屋駅へ。


そしてバスの待ち時間に名古屋コーチンを軽く頂きました。


同僚T「いやー。最終的にひつまぶし食べれてとっても良かったけど、Jにとってみたら、発狂もんだったよねぇ」


まさしく、その通りでございます。

ごめんね、同僚J。
posted by オオカミ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうしてオオカミは社会人になっても友人を失っていくのであった・・・

ってなるよ。気をつけないと!
Posted by タヌキ at 2009年08月10日 14:24
>タヌキ
大丈夫だよ!
今度は岡山旅行についてきたから!!
Posted by オオカミ at 2009年08月10日 16:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125365623

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。