2009年04月05日

夜は短し歩けよ乙女

どうも、社会人、オオカミです。

気付いたらぼけっとゲームして休みを潰してしまいました。うひゃー。

まぁ洗濯とか、クリーニングとかやることは一応やったんですけどね。


と言うわけで、旅行記のほうは更新していません、ごめんなさい。

代わりにと言っては何ですが、小説紹介。

通勤時間に読んでるのです。意外と読めるもんですね、ええ。

今回ご紹介するのはこちら

夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦です。

まず伊坂幸太郎の砂漠を探しに行ってそこではじめて見かけました。POPな表紙とタイトルの語呂が素敵でなんとなく覚えていたのです。

で、読書メーターですよ。これでなんとなく月間ランキングをみたら結構上位。結構ミナサン読んでらっしゃるのね、という事で改めて購入。
で、結論から申しますと、

良かったです。

文体は硬くて、というか古めかしくって若干読みづらいのですが、そのうち慣れます。
そんで書いてる内容はどうしようもない位に阿呆で微笑ましいものなのです。

ストーリーは

文化祭の「ごはん原理主義者VSパン食連合」の討論会に紛れ込み、「ビスコを食べれば良いのです!」と主張して、会場に一石を投じる天然不思議系の酒豪である『黒髪の乙女』

彼女に一目惚れし、『なるべく彼女の目に留まる作戦』通称『ナカメ作戦』を決行する外堀埋め立て永久機関となってる『先輩』
の微笑ましいラブストーリーです。話は二人の視点から交互に描かれています。

ラブストーリーと言ってもラブしてるのは先輩だけなので、そういっていいものなのかどうなのか。全く同じ舞台なのに黒髪の乙女視点だと冒険譚になっているのが面白い。

そして純粋でポジティブな黒髪の乙女と陰鬱でネガティブな先輩の対比が面白い。

名台詞が多いのもグッド。乙女を探しに古本市に来た先輩の一言をどうぞ。
古本市の神よ、我に知識ではなくまず潤いを与えよ。
しかるのち、知識も与えよ。


古本市の神様に、潤いを願うそのなりふり構わなさ、見習いたいものです。


posted by オオカミ at 23:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 小説・エッセイ・コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なりふり構わずナンパ作戦、は成功しそう?
女の子(大学よりは)いっぱいいるんじゃないのぉ?
Posted by タヌキ at 2009年04月06日 21:06
 夜は短し歩けよ乙女ってすごく可愛いタイトルですよね。(表紙も、素敵です♪)自分も、是非読んでみたいです!
 でも、でもオオカミさん、本を読むのが早すぎやしませんかっ?

 自分も「読友を目指したいです!」と勝手にエントリーしたものの、まだあれから2冊しか進んでいないです・・・。
 それなのに、もう積み重ねられていく読書済みの本の数々・・・。自分、ついていけるんでしょうか?大丈夫なんでしょうか(笑)
 
 オオカミさんの様にサクサク読んでいけるかはわかりませんが、また面白い本がありましたら、是非教えてくださいませ。
Posted by ビスコ at 2009年04月06日 22:40
>タヌキ
この作品の『先輩』もオオカミもそんな破廉恥極まりない行為なぞしないのだ!恥を知ればいいと思う。紳士たるものふぉーりんらぶした乙女だけを追い続けるのだ!
・・・んっとねぇ、丸の内OLは遠のいたかもしんない。

>ビスコさん
いいですよね!ちなみに文庫版の解説はハチミツとクローバーの人が漫画で描いていてこっちもかわいいですよ♪
本の読むスピードは・・・
殆ど同じじゃないですか!
読友登録、お待ちしてますよ☆
Posted by オオカミ at 2009年04月06日 23:34
丸の内OLが遠のいた・・・
やはり自宅待機を命じられた??
Posted by spica at 2009年04月08日 01:41
>spica
んなわけあるかい!
行きたくなった部署が丸の内じゃないんだよ。
尤も、そこ落ちて丸の内になる可能性大だが・・・
Posted by オオカミ at 2009年04月09日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。